体験プログラム

体験プログラムでは、災害時に役立つ防災グッズの作製やVR体験、放水体験など、14 種類のプログラムが体験できます。

体験プログラム一覧

  • 災害時に役立つワークショップ

    所要時間 30分
    最大人数 60名
    対象年齢 全年齢
    内容 身近にある新聞紙やチラシ・ゴミ袋などを使って、避難所等で役立つ防災スリッパや食器などの作り方を学びます。
  • コミュニケーションボード

    所要時間 30分
    最大人数 60名
    対象年齢 全年齢
    内容 絵や記号などが記載されているコミュニケーションボードを使用し、意思伝達の方法を学びます。
  • 防災講話(地震・火災・風水害)

    所要時間 30分
    最大人数 60名
    対象年齢 全年齢
    内容 地震・火災・風水害に関する知識や役に立つ行動を講義形式で学びます。
  • 救出訓練

    所要時間 30分
    最大人数 30名
    対象年齢 中学生以上
    内容 災害時に家具などの下敷きになった人を、身近にあるものを使って救出する方法を学びます。
  • 搬送訓練

    所要時間 30分
    最大人数 30名
    対象年齢 小学生以上
    内容 緊急時に傷病者を毛布担架・徒手搬送などを活用し、安全な場所に搬送する方法を学びます。
  • 災害時要援護者体験

    所要時間 30分
    最大人数 30名
    対象年齢 全年齢
    内容 身体の動きや機能が制限された状態を疑似体験し、災害時において支援する場合の注意点を学びます。
  • 応急手当訓練

    所要時間 30分
    最大人数 30名
    対象年齢 小学生以上
    内容 出血している場合の止血法や骨折・打撲における固定法など、簡単な応急手当を学びます。
    ※三角巾の使用方法を中心に学ぶことを希望される方は、予約時にお伝えください。
  • 心肺蘇生法

    所要時間 30分/60分
    最大人数 30名
    対象年齢 中学生以上
    内容 胸骨圧迫を行ったり、AEDのデモ機を使用して心肺蘇生法を学びます。
  • 風水害VR体験

    所要時間 30分
    最大人数 30名
    対象年齢 中学生以上
    内容 VR(仮想現実)を活用した風水害時のリアルな災害体験をもとに、正しい避難行動について学びます。
  • 共助想像ゲーム

    所要時間 60分
    最大人数 30名
    対象年齢 中学生以上
    内容 風水害の危険を地図上から読み取り、災害発生前にできる具体的な「共助」の行動について学びます。
  • 避難所課題解決ゲーム

    所要時間 60分
    最大人数 30名
    対象年齢 中学生以上
    内容 震災時の避難所で起こりえる様々な課題解決方法についてグループで話し合い、避難所を運営するときの基本的な知識を学びます。
  • 屋内消火栓取扱訓練

    所要時間 30分
    最大人数 30名
    対象年齢 中学生以上
    内容 屋内消火栓の種類や仕組等を学びます。また、希望により、実際の放水体験をすることもできます。
  • スタンドパイプ式初期消火器具取扱訓練

    所要時間 30分
    最大人数 30名
    対象年齢 中学生以上
    内容 実際に放水体験を行い、スタンドパイプ式初期消火器具の取り扱いについて学びます。
  • 水災害体験

    所要時間 30分
    最大人数 30名
    対象年齢 小学生以上
    内容 集中豪雨などで住宅地等が浸水した時の扉にかかる水圧や強い水流の中の歩行を体験し、早期避難の大切さを学びます。
    ※水災害体験は体験できる日が決まっています。トップページのお知らせをご覧ください。

他のメニューも見る

  • 地震・火災体験ツアー

    地震・火災体験ツアー

    地震・火災体験ツアーでは、地震の揺れや初期消火体験、災害発生時の対応などについて体験することができます。

    詳しく見る

  • 風水害体験ツアー

    風水害体験ツアー

    風水害体験ツアーでは、大雨や土砂災害発生時の対応、避難行動計画(マイ・タイムライン)の作成などが体験できます。

    詳しく見る