横浜市民防災センター

YOKOHAMA DISASTER RISK REDUCTION LEARNING CENTER
 

 

◇(仮称)BOSAI CAFE(試行)
  防災センター内で軽食販売を始めます♪
  詳しくは、コチラをご覧ください。

◇消防をかたる不信な電話が相次いでいます
  詳しくは、「お知らせ」をご覧ください。

◇Facebook始めました!!◇
  詳しくは、「お知らせ」をご覧ください。

◇消防ペーパークラフト「横浜市消防団防火衣」を公開しました!◇
  詳しくは、「お知らせ」をご覧ください。





◇防セン アカデミーを開講します!◇

 くわしくはコチラ

 

◇よこはま救急消防フェアを開催します!◇

 くわしくはコチラ

 






身を守る方法を体験してきてね

体験施設について

災害シアター

過去に横浜市を襲った大地震や、今後横浜を襲うことが予想される大地震について、ストーリー仕立ての映像で再現しています。臨場感あふれる演出や、現在の横浜市の風景を使用しており、地震による被害をわかりやすく、知ることができます。

地震シミュレーター

地震を体験していただきます。震度3から7までの揺れや、東日本大震災や阪神淡路大震災などの過去の地震、戸建住宅や超高層ビルの揺れなど、様々なシチュエーションついての揺れが体験できます。車椅子の方も体験可能です。

減災トレーニングルーム

まずは一般家庭をイメージした部屋に入っていただきます。皆さんには何が起こるかお知らせせずに、音響や映像で演出される地震・火災などの災害を体験していただきます。その災害に対して、あなたは何ができるのか?災害発生から避難までを疑似体験し、身を守る行動を学ぶことができます。

火災シミュレーター

消火器を使った消火体験と、煙からの避難行動を体験できます。煙体験は体に害のない煙を充満させ、外からも煙や避難の様子を見学できます。

横浜ハザードマップ・ジオマップ

災害が起きた場合に自分の街でどんなことが起こるのか...。地域の特性や、震度・津波による浸水被害・土砂災害などの被害想定を、プロジェクションマッピングを使った地図や、横浜市が提供する地図情報で学ぶことができます。

防災ライブラリー

市の防災・減災に関する最新の取組や、災害に備えるためのヒントなどを、発災前の「備え」から「復興」まで、ご紹介しています。また、119番通報体験や防災クイズのコーナーもあります。


ご予約方法

体験ツアーについて

体験ツアーはインストラクターの解説付きで、体験施設を順番に体験していただきますので、分かりやすく・楽しく防災・減災について学ぶことができます。

  • 体験ツアーは「1階ツアー」と「2階ツアー」の2種類あり、開始時間はそれぞれ1日12回(各回定員30名)となっており、インストラクターが解説しながらご案内いたします。時間をずらして体験することで、すべてのツアーの体験も可能です。(例:9時30分~1階ツアー、10時00分~2階ツアー)
     ≪ツアー内容≫
      「1階ツアー」:災害シアター、地震シミュレーター
      「2階ツアー」:火災シミュレーター、減災トレーニングルーム
     
  • 所要時間は各ツアー約30分です。
     
  • 開始時間次の通りです。
     ≪午前の部≫
       9:30~、10:00~、10:30~、11:00~、11:30~、12:00~
     ≪午後の部≫
       13:30~、14:00~、14:30~、15:00~、15:30~、16:00~
     
  • 当日ご来館いただいての申込みも可能ですが、事前にお電話等でのご予約、相談も承っております。
     
  • ご予約は6カ月前から受け付けています。
     
  • 30名以上の団体の場合は、各体験コーナーの定員の関係上、グループ分けをさせていただくことがあります。
     

ご予約方法

  •  

    • お電話(045-411-0119)にてご希望の体験ツアー日時をお伝えください。
    • 体験ツアー申込書に必要事項を記入していただき、メール・FAX・郵送にて市民防災センター宛てにお送りください。
    • 市民防災センターで申込書の内容を確認後、予約受付完了の旨をメール又はお電話でご連絡します。
       

 

  •  
 
横浜市民防災センター 〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡4-7
FAX 045(312)0386  (事務所TEL 045(312)0119)