横浜市民防災センター

YOKOHAMA DISASTER RISK REDUCTION LEARNING CENTER
 

ご予約方法

 

予約可能なもの

防災センターでは次の内容を予約することができます。

内容

可能人数(台数)

受付期間

体験ツアー

1~60人 (※1)

来館希望日の6ヶ月前から当日まで  (※2)

駐車場

1~3台
(※3)(※4)

来館希望日の6ヶ月前から2週間前まで

体験プログラム

団体ロッカー

10人~ (※5)

 

研修室・訓練室

10人~ (※6)

※1:61人以上のご予約を希望される場合はご相談ください。
※2:予約は必須ではありませんが、混雑状況によりご入館いただけない場合がございます。
※3:駐車場の利用には必ず予約が必要です。
※4:原則、貸切バス(運転手車内待機)及び障害者が利用される乗用車のみ駐車可能です。
※5:利用内容や体験プログラムの種類により、利用人数上限が変わります。
※6:原則、防火・防災に関する内容でのみ使用可能です。また、本市職員が同席しない研修等の場合、事前に審査が必要となります。
※7:当施設では飲酒及び飲酒後のご利用は重大な事故に繋がる恐れがあるため、ご利用いただけません。予めご了承ください。

予約のながれ

予約のながれ

 

1 事前相談・仮予約

 施設利用方法、空き状況のご相談や、仮予約(お席の確保)を承っております。ご連絡方法は次のとおりです。

電話

☆オススメ☆

045-411-0119

開館日の午前9時15分から午後5時まで受付。

(日本語受付)

FAX

045-312-0386

返信まで、数日いただく場合がございます。

電子メール

sy-kengaku@city.yokohama.jp

 ◆仮予約をされる際は次の内容をお伝えください。

  ・予約希望日

  ・予約を希望する内容  (例:体験ツアーの種類、体験プログラムの種類など)

  ・ご来館方法

  ・ご利用希望人数

  ・担当者名、担当者ご連絡先、(団体の場合は)団体名

  ・施設側で配慮が必要なこと  (例:車イスをご利用の方がいらっしゃる。体験ツアー中、可能な限り英語での案内を希望する。未就学の方が多い。など)

 

2 申込書提出

 提出が必要な場合、来館日の2週間前までに提出してください。

  ◆提出が必要な様式

申込書の提出について
       体験・施設利用申込書の提出
体験ツアーのみ 必要なし

体験ツアー・体験プログラム

利用の方

必要

施設利用の方

(研修室・駐車場等)

必要

 

体験・施設等利用申込書

ダウンロード

記入例 申込様式
PDF PDF
Excel

※Excelファイルを印刷・閲覧になるためには、 Microsoft®Excel や OpenOffice.org 等のExcelワークブックに対応したソフトウェアが必要です。

提出方法に変更はありません。

  ◆提出方法

電子メール
添付

☆オススメ☆

sy-kengaku@city.yokohama.jp

 

返信まで、数日いただく場合がございます。
※原則FAXでの返信はしておりません。

 

FAX

045-312-0386

郵送

直接持ち込み

申込書と併せて、必要額分の切手を貼付した返信用封筒をご用意ください。
返信封筒がない場合、確認した申込書は返信できません。

 

3 変更・キャンセル

  ・ご予約内容に変更・キャンセルがあった場合は速やかに電話、電子メール又はFAXによりご連絡ください。
   「② 申込書提出」をしていない場合でも、仮予約は自動キャンセルとはなりませんので、キャンセル時は必ずご連絡ください。

  ・ご予約時より人数増を希望する場合、対応できないことがございますので予めご了承ください。

 

4 来館当日

  ・利用開始時間に到着が間に合わない場合は速やかにご連絡ください。

  ・来館時、ご担当者の方は正面エントランスの受付へお越しください。当日の来館人数などをお尋ねします。

 

 

注意事項

 ・Eメールでお問い合わせいただいた場合、当館からの返信メールが迷惑メールとして処理されるなど、お返事できない場合がございます。

 ・来館日の1週間ほど前に、人数変更の有無などをお聞きするため当館職員から連絡させていただく場合がございます。

 
 |  自由体験について ≫
このページの先頭へ戻る