横浜市民防災センター

YOKOHAMA DISASTER RISK REDUCTION LEARNING CENTER
 

                                

【日時】   令和元年8月15日(木)、16日(金)
       各日:10:00~12:00

【場所】   横浜市民防災センター(横浜駅西口徒歩10分)

【対象者】  横浜市内在住・在学の小中学生(保護者同伴可)

【参加料】  無料

【定員】   各日:200名(同伴者含む)

【申し込みについて】
〇下記申し込みフォーム(電子申請システム)からお申し込みください。
〇申し込み期限:7月12日(金)
  申込者多数の場合は抽選により参加者を決定します。

  ※ 抽選結果は当選者のみ7月19日(金)までにお知らせします。
    7月19日(金)までに当選の連絡がない場合は落選となりますので、ご了承ください。

 

 

申込みフォーム

パ ソ コ ン

スマートフォン

 

個人情報の取り扱いについて

参加申込みの際にお預かりする個人情報は、当イベントの運営以外の目的では使用いたしません。

【『消防博士の防災研究所』で体験できること】
① 展示室エリア・訓練室エリア・屋外エリアの3つのエリアで5感を使って体験学習!
② 各エリアのスタンプを集めると、豪華記念品が当たるガチャガチャが引ける!
③ 集めれば自由研究はOKかも!? 各ブースで配付される「宿題ノート」を集めればオリジナル体験ノートが完成!!

 

プログラム名
内 容

減災体験
(展示室エリア)

地震シミュレーターや横浜ハザードマップを通じて、災害を体感できる災害体験

聞いて、見て、やってみよう!火災調査
(訓練室エリア)

火災はどうして起きるの?消火の仕組みは?火災調査の仕事を知りたい!!消防の火災専門調査員と一緒に実験やクイズなどを通じて火災予防を学んでもらう。

防災ワークショップ
(訓練室エリア)

防災アイテム(デコホイッスル、パラコードブレスレット)のワークショップを通して、子どもたちに自助の大切さを学んでもらう。

みんなで一緒に
消防体験

(屋外エリア)

「消火器取扱訓練」、「家族で学べるセミナー※1」、「はしご車搭乗体験※2」を通じて楽しみながら消防の仕事や防災・減災を学んでもらう。

※1 セミナーについて
   「溺れている人を見つけたら…君ならどうする!! いざという時の対処法」について実験を交え行います。両日とも10:30~11:00に実施

※2 「はしご車搭乗体験」にあっては両日とも10 組20名限定(抽選)

実施時間

(抽選権配付)

11:00~12:00

(10:00~10:30)

抽選会場所

(抽選会時間)

屋外エリア

(10:30~)

 

災害対応や天候などの理由で、中止になる場合がございますのでご了承ください。

【注意事項等】
・天候等により、中止又は内容を変更する場合がございます。
・当施設は駐車場はございません。
 ※ご来場の際は公共交通機関かお近くのコインパーキングをご利用ください。
・体験を伴いますので、運動できる服装及び飲料水をご用意下さい。

 

【お問い合せ】
横浜市民防災センター
子どもアドベンチャー担当
TEL:045-312-0119
FAX:045-312-0386
メール:sy-kengaku@city.yokohama.jp

 

 

 

≪ sns  |  防セン サマーフェス ≫
このページの先頭へ戻る